まず、削らない治療ができると謳っていたのに、何の説明もなくガンガン削られました。次に、「親不知の治療が得意だから、腫れないようにするから。何をそんなに心配してるんですか!」と言われ、その言葉を信じて有休もとらずに親不知を抜いたら両目が開かなくなるほど顔面が腫れました。もちろん、喋ることもできませんでした。「腫れたときのために有休を取りたいって言いましたよね!」と言ったら、「私はたぶん腫れないでしょうと言ったんです。」と言われました。お陰で仕事を1週間休む羽目になったので、「休まなくていいって言いましたよね。これでどうやって仕事をすればいいんですか?」と言ったら、「私は仕事のことはわかりません。」と言われました。最後に謝ってくれたものの、「説明不足ですみませんでした。」とだけ言われました。極めつけは、親不知を抜いてから2ヶ月経っても腫れがひかないので(見た目にはあまり分からないほどですか)、「まだ腫れが引きません。」と言ったら「私は腫れていないと思います。」と言われました。技術云々の前に、人間性を疑わざるをえない歯科医でした。言い訳ばかりで、全く誠意が感じられませんでした。

1人が参考になったと回答 この口コミは参考になりましたか?口コミが参考になった