矯正装置の種類と特徴

デーモンシステム

デーモンシステムの特徴

インプラント矯正上下

通常のブラケットは、ブラケットにワイヤーを結紮して固定しますが、デーモンシステムは、ワイヤーをブラケットに固定せず、ブラケットのスロットにワイヤーを通し自由に動くようにすることで摩擦を少なくした装置(ローフリクションシステム)です。
通常のブラケットよりも弱い力で自然に歯を動かすことができます。

デーモン博士が開発したためこの名前があり、1996年に最初のブラケットが発売された新しい矯正装置です。目立たない色の「デーモンクリア」もあります。

デーモンシステムのメリット

  • 弱い力で自然に歯を動かすことができるため、痛みが少ない。
  • 調整に要する作業時間や、通院回数が少なくできる。
  • 効率的に歯を動かすため、治療期間が短縮できる場合がある。

デーモンシステムのデメリット

  • 表側(唇側)のみの適用となる。
  • 歯磨きがしにくい。

※ローフリクションの矯正装置には、デーモンシステムの他にも「クリッピー」「クリアスナップ」「クイックリアー」などがあります。

写真ご提供医院 <提供写真>
銀座矯正歯科(東京都中央区) デーモンシステム
その他のデーモンシステム対応医院
すずき矯正歯科(千葉県習志野市)
代官山矯正歯科(東京都渋谷区)
「矯正装置の種類と特徴」一覧
金属ブラケット 目立たないブラケット
裏側ブラケット インプラント矯正
デーモンシステム ワイヤーのテクニック
透明なマウスピース矯正 床矯正
ヘッドギア ムーシールド