矯正装置の種類と特徴

矯正装置や矯正治療法にはたくさんの種類があり、また次々に新しい装置が開発されています。
いったいどの装置、どの治療法が一番いいの?と迷われている方も多いのではないでしょうか。

患者さんの歯の症状によって適する装置や治療法は異なりますし、また歯科医院によって扱っている装置や専門的な技術を持っている治療法も様々です。満足できる治療を受けるためには、ご自分に合った信頼できる矯正歯科医院を見つけることがとても大切です。そのための手助けとなる情報を当サイトでご紹介してまいります。

現在使われている主な矯正装置

 
金属ブラケット

金属ブラケット

もっともオーソドックスな矯正装置です。金属製なので丈夫で多くの症例に適用でき、価格も他の装置より安価です。

金属ブラケット詳細
 
目立たないブラケット

目立たないブラケット
(白色、透明)

金属ブラケットの色が目立つというデメリットを改良した、白や透明の装置です。様々な素材があり、金属ブラケットとほぼ同等の機能があります。

目立たないブラケット詳細
 
裏側ブラケット

裏側ブラケット
(舌側、リンガル)

歯の裏側につける矯正装置です。舌側ブラケット、リンガルブラケットとも呼ばれます。目立たずに矯正を行うことができますが、医師の技術により仕上がりに差が出るといわれています。

裏側ブラケット詳細
 
インプラント矯正上下

インプラント矯正

歯を動かす固定源としてインプラントを使用する方法です。骨に金属製の小さなスクリューを埋入し、それを固定源として歯を動かします。治療期間が短縮できる、難症例でも治療可能になる、などのメリットがあります。

インプラント矯正詳細
 
スタンダードエッジワイズとストレートエッジワイズ

ワイヤーのテクニック
(スタンダードエッジワイズ法/
ストレートエッジワイズ法)

歯に接着したブラケットに通して歯に力を加えるワイヤーのテクニックの種類です。医師が個別にワイヤーを屈曲するスタンダードエッジワイズ法と、アーチ形状の既製品を使用するストレートエッジワイズ法があります。

スタンダードエッジワイズとストレートエッジワイズ詳細
 
デーモンシステム

デーモンシステム

ワイヤーをブラケットに固定せず、ブラケットのスロットにワイヤーを通すことで摩擦を少なくした装置です。
弱い力で自然に歯を動かすことができるため、痛みが少ない、調整に要する作業時間が短いなどのメリットがあります。

デーモンシステム詳細
 
マウスピース矯正

透明なマウスピース矯正
(インビザライン、アソアライナー
など)

透明なマウスピース製のため、目立たずに矯正治療を行うことができます。取り外しも自由にできます。ただし、適用は軽度な症例に限られます。

透明なマウスピース矯正詳細
 
床矯正

床矯正

プレートタイプの装置をはめて歯列を拡大する方法です。歯列の幅が狭い場合など、歯を並べるスペースを確保するのに使用し、成長期の子供に有効です。拡大できる幅には限度があり、他の装置と組み合わせて治療を行うのが一般的です。

床矯正詳細
 
ヘッドギア

ヘッドギア

主に上顎前突などのケースで上の歯を後退させる目的で使用する装置です。自宅でのみ使用するので、在宅時間の長い子供に使用するのが一般的です。

ヘッドギア詳細
 
ムーシールド

ムーシールド

乳歯列期(3歳前後)の受け口(反対咬合)を改善するための装置です。プラスチック製で、就寝時に装着することにより筋力を調節して受け口を改善します。

ムーシールド詳細

これらは代表的な矯正装置であり、他にも様々な装置や補助的な装置があります。
一つの装置だけで治療を行うのではなく、いくつかの装置を組合せて治療することも多くあります。実際の治療に関しては、歯科医院にご相談し必ず医師の説明をおききください。

写真ご提供医院 <提供写真>
アイウエオ矯正歯科(三重県伊賀市) 金属ブラケット、目立たないブラケット
アクイユ矯正歯科(埼玉県所沢市) 裏側ブラケット、ヘッドギア、ムーシールド
星歯科矯正(神奈川県相模原市) ワイヤーのテクニック
銀座矯正歯科(東京都中央区) デーモンシステム
かねもと矯正歯科(千葉県船橋市) インプラント矯正
ベルビー赤坂デンタルクリニック(東京都港区) 透明なマウスピース矯正
吉祥寺セントラルクリニック(東京都武蔵野市) 床矯正